OISEAU BLEU YAMAGATA

これから結婚式を挙げる方へ 結婚式にまつわるエピソード 2021/09/26

想いを綴る

こんにちは!オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

だんだんと夏から秋へと季節がすすんで、外の景色も変化してきました。肌に感じる風も少しずつ涼しくなってきたと感じています。家でも「今日は涼しいね」と気温の話をすることが増えてきました。皆さんはお家でどんなお話をされるでしょうか?今日の出来事や、今思っていること。それは声に出して伝えていますか?文章で綴って伝えていますか?

さて、相手に想いを伝える手段。電話が無い時代には手紙が主流でした。相手を想って筆を走らせる時間はとても素敵ですよね。私も、携帯電話を持たなかった小中学生の頃は、友人と手紙の交換、所謂文通をしていました。面と向かって言えなかった言葉も、なぜか文字にしてみると素直に書き進められることもあります。コミュニケーション手段が様々ある時代だからこそ、言えなかったことを伝える機会は大切ではないでしょうか。そんなお手紙は結婚式でも、今までの想いとこれからの決意を表す手段として用いられることが多いです。

例えば親御様への感謝のシーン・__新婦手紙。お嫁に行くご新婦様から今まで守ってくださった家族への感謝の手紙。ずっと伝えたかったこと、いつも思っていた想い。言葉で直接伝えるには難しい言葉でも、手紙として一度文字にすると不思議と素直に伝えることができます。言葉を綴る時間に苦労されたという花嫁様がほとんどですが、その表情はどの花嫁様もとても穏やかでした。

そして挙式では、おめでとうという気持ちを誰よりも伝えたい__親御様からおふたりへの祝辞。おふたりへの祝福の言葉を伝えられる唯一の時間。おふたりのことを一番近くで見守り、一番祝福している親御様から、当日おふたりへの想いを伝えていただくことができます。手紙におふたりへの言葉を綴って、プレゼントしていただくこともありました。力強いおめでとう。これからも幸せで。どの言葉もおふたりにとって特別な宝物になると思います。

披露宴の終盤、見守ってくれた、祝福してくれたゲストの皆様への感謝__新郎挨拶。このシーンでも手紙を用いることがあります。参列いただいた方に向けての感謝と決意を述べるシーン。大切な挨拶だからこそ、伝えたいことを漏らさぬよう予め綴った手紙を読み上げる。そして綴られた文章の中には、これから時間を共に過ごすご新婦様への想いが。そんな素敵な時間は、手紙があるからこそ創り上げることができると思います。

普段過ごしている中で、伝えられない想いはありませんか?大切な想いを伝えられる時間。特別な日だからこそ、そんな時間を一緒に創りませんか?

ウエディング 料理 2021/09/22

秋らしいウエディングケーキ

こんにちは、オワゾブルー山形ウエディングプランナーの松浦玲奈です。

空気も澄んでどんどん秋が深まってきましたね。山形の秋といえば・・・!と芋煮について前回ブログを書かせていただきました。今日はフルーツについて書こうかなと思います。秋といえば葡萄や梨など美味しい果物が沢山ありますね!皆さんはフルーツはお好きですか?中でも好きなフルーツはありますか?

秋の美味しいフルーツを使ったウエディングケーキは季節感を感じるワンシーンを作ることができます。デザートが沢山選べるスイーツコレクションにも秋らしさを取り入れても楽しめますね!

秋に結婚式を迎える皆さん、秋を感じられる演出やプレゼントなどでパーティを彩ってみませんか?

秋だからこそのシャインマスカットのケーキも良いですね♪



 

フルーツではないですが、栗を使ったモンブランも良いですね!

幸せの象徴と言われる甘いもの、ウエディングケーキはゲストの皆さんも楽しみにしている演出のひとつです。おふたりのこだわりや想いを取り入れてみませんか?
ウエディング 2021/09/20

口福レシピ

こんにちは。オワゾブルー山形の門脇です。三連休初日は強い雨でしたが、それも私たちにとっては恵の雨にもなります。一夜明け、空が高く澄んだ空気、一気に秋空を感じた三連休でした。七日町では、「ぐるっと廻って七日町」イベント企画で賑わいがみられました。感染症予防のため、秋の商店街イベントでは路面店などは自粛となっておりますが、お持ち帰り商品も以前より増えたり、店内での飲食も安心できる環境の場所も増えてきました。提供する側はもちろんですが、利用する側になったときも気を付ける配慮や対策も必要になりますね。手洗い、うがい、免疫力を下げない等、基本的なことですが改めて意識するようになりました。免疫力を下げないためには、栄養のある食事と睡眠も大事とのこと。こんなときだからこそ、食べる楽しみがより大切なことにに思います。七日町の平日、ランチ時間になると多くの方が街なかに出て賑わいます。朝ごはん食べる派・食べない派、ランチは軽め派・ガッツリ派、手作り派・外食派、ひとりでゆっくり派・仲間とワイワイ派…等々。一言でランチと言っても、その時の状況や背景から様々な時間を迎えていますよね。

体がつくられる一つとして、食事にて摂取した栄養。この栄養は、食べ物本来の栄養素はもちろんですが、食育の観点からすると食べる環境によっても異なるそうです。何を誰とどこで食べるのか。人間は生きている間に、何回の食事をするのでしょう。生きるために食べるというより、食べることで活力となり生きる力になる。ならば、この一食何を食べるか、誰と食べるか、どんな環境で食べるか。とても大事なことに見えてきます。

生まれてから、どんな環境で何を食べさせてもらってきたのか。食卓を囲む家族、出るごはんや味付けもそれぞれ。カレーライスは牛肉・豚肉・鶏肉・ひき肉どのお肉を使うのか、辛口・中辛・甘口によっても違う味、その家庭の味がありますよね。食べることを選択できる年頃になった時、だれと何を食べてきたのか。家の味しか知らなったのに、給食や外食、コンビニご飯などで初めての味に出会う。世の中に美味しい食べ物が溢れていても、懐かしくほっとする味、子供の頃お家で食べていたごはんを食べたくなると言う方も多いですよね。

結婚式の演出で「両家おふくろの味レシピ」を引き継ぐセレモニーや、小さい頃に仕事で忙しくしていた親御様の代わりに迎えにきて面倒をみてくれていたおばあちゃんの漬物の味をファーストバイトやラストバイト演出になったり。

生まれ育った家庭が違えば、食べて育ってきた味も違うはず。結婚を決意し、新しい家庭を築いていくふたり。食卓を囲んできた家族や仲間、地域や環境に感謝したい。そして、ふたりの家庭の味をこれから作っていく始まりとなる、大きな食卓を囲む結婚式で何か表現したい。オワゾブルー山形は、パーティー会場1つ。1組様の結婚式をお料理でも最高に幸せにおもてなししたい想いから、1つのキッチンからつくりテーブルへ運ばれていきます。そのため、フルコースのお料理やオプションのお料理も、シェフとソムリエをはじめとするスタッフとゼロから一緒に考え当日を迎えます。お料理が美味しいは基本、そこからどんな関係のゲストと結婚式で食事を共にするのか。伝えたい想い、カタチにしたい想いを食事を通してもお手伝いできれば幸せに思います。