OISEAU BLEU YAMAGATA

結婚式にまつわるエピソード 2022/03/23

ハレのち、雨

こんにちは!オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

3月末に入り、雪の日は減り最近ではほとんど降らなくなりました。日中は青空が広がる日が多く、だんだん温かな季節“春”が近づいているような空模様ですね。

さて、季節によって様々な顔を見せる空模様。皆さんは雨の日は好きですか?結婚式の天気、晴れと雨ではどちらがいいでしょう?

きっと「晴れ」が好きな方が多いと思います。青空の下でフラワーシャワー。ガーデンを使っての演出。「晴れ」の日ならではの演出ですね。雨の日の結婚式は、「せっかくのお祝いの日なのに・・・」と肩を落としてしまう方が多いと思います。

そんな雨の日に、幸せの言い伝えがある、としたら。気持ちは少しでも「晴れ」になりませんか?

イタリアでは「Sposa  bagnata, sposa  fortunata」という言葉があります。イタリア語で「雨に濡れた花嫁は幸せになれる」という意味だそうです。雨は豊穣のシンボルとされており、その雨に濡れた花嫁は幸せになれるという意味だそうです。

さらにフランスでは「結婚式の雨は幸運をもたらす」とされています。神様のいる場所と自分たちがいる場所を繋ぐ唯一のものが雨であり、雨と一緒に天使が舞い降りてくると言われています。また、新郎新婦が一生涯に流す涙を、神様が代わりに流してくれているとも言われているそうです。

そして日本には、「雨降って地固まる」という言葉があります。雨が降った後は、地面が固くなり、より良い状態になるので、雨の日の結婚式は新郎新婦のキズナがより固くなると言われています。しっかりとした地盤の上で、これからの人生を歩んでいけるという素敵な意味になります。

雨だからできないこと、もありますが、雨の日にしかできないこともあります。

フラワーシャワーでメッセージの入った傘をさしていただきながらの参列。ウエルカムグッズにはてるてる坊主や紫陽花などの装飾。雨の日だから撮れる写真もあります。

ハレの日。もちろん、晴れの結婚式も素敵ですが、幸せの意味を持つ雨の日の結婚式も、素敵な日になると思います。

どんな天候でも、おふたりにとってご両家様にとって、ゲストの皆様にとって大切な一日。

そんな特別な時間をオワゾブルー山形スタッフ一同、お手伝いさせて頂きます。

些細なことでもご相談くださいませ。

ウエディング 2022/03/20

5th Anniversary Festa オワゾマルシェ



4月8日はオワゾブルー山形の誕生日。オープンから感謝の想いを込めて毎年4月に開催していたマルシェですが今年は、2年ぶりに開催いたします。こんにちは、オワゾブルー山形の門脇智子です。

4月で5周年を迎えるオワゾブルー山形。
5年間へ感謝の想いを込め、日々の生活をより豊かにワクワクさせてくれるお店とアイテムを集めた記念イベントオワゾマルシェを開催します!

2022年4月10日(日)10:00~15:00

出店者情報は、インスタ・FBに随時アップしていきます。


Market Contents

【 Food 】体喜ぶお店こだわりのフードの数々

【 Sweets 】自分へご褒美したくなるスイーツたち

【 Drink 】美味しい料理には美味しい飲み物を

【 Fashion 】キラリと輝かせてくれるアクセサリーなど

【 Goods 】毎日をちょっと豊かにするグッズ

【 Photo 】オワゾカメラマンが記念写真を撮影

*出店者情報*『FARM OCHI』ファームオチさん
無農薬・無化学肥料で野菜を育てている尾花沢の自然栽培農家さんより、つぼ焼き芋の販売です!
生き物達と自然の摂理で育てる自然栽培の芋を使用。炭を使い時間をかけてゆっくり壺の中で焼き上げてます。
甘く、ねっとりとしていて、皮まで美味しく食べれます。離乳食時期のお子様にもおススメですよ♪

出店者情報、随時配信いたします!ぜひチェックしてくださいね♪

#オワゾブルー山形
#オワゾマルシェ
#オワゾブルーマルシェ
#山形マルシェ
#山形の結婚式場
#ホームパーティー
#おいしいもの
#おうち時間
#テイクアウト






ウエディング 2022/03/18

ウエディングケーキ

皆様こんにちは。

オワゾブルー山形ウエディングプランナーの小関優杜です。

雪解けも進み春の兆しが見えてきましたね。桜の開花が待ち遠しいです。

 

さて、披露宴やパーティの中で欠かせないご演出「ケーキ入刀」のシーン。

結婚式の定番演出で、ご参列経験がない方もご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、ケーキ入刀にどのような意味があるのか。そもそも起源はなにか。今回はケーキ入刀について、ご紹介させていただきます。

 

実はケーキ入刀は古代ギリシャまでさかのぼります。花嫁様の子宝を願い生命力や生産力を象徴する小麦を花嫁の頭にふりかけていました。

その後中世ヨーロッパでは、ゲストがスコーンやビスケットを焼いて持ち寄るようになり、テーブルで高く積み上げる習慣ができました。

その山が高ければ高いほど、生活が豊かになると言われていました。

起源が古代ギリシャってビックリですね。それが今のケーキ入刀に繋がるのが素敵ですね。

 

もちろんオワゾブルー山形でもケーキ入刀のご演出は大変人気のシーンになっています。そしておふたりのテーマや想いに合わせて、オリジナルケーキも承っております。

是非オワゾブルー山形のナチュラルな空間で、おふたりならではのケーキ入刀を一緒に叶えませんか。