OISEAU BLEU YAMAGATA

ウエディング 料理 2021/09/22

秋らしいウエディングケーキ

こんにちは、オワゾブルー山形ウエディングプランナーの松浦玲奈です。

空気も澄んでどんどん秋が深まってきましたね。山形の秋といえば・・・!と芋煮について前回ブログを書かせていただきました。今日はフルーツについて書こうかなと思います。秋といえば葡萄や梨など美味しい果物が沢山ありますね!皆さんはフルーツはお好きですか?中でも好きなフルーツはありますか?

秋の美味しいフルーツを使ったウエディングケーキは季節感を感じるワンシーンを作ることができます。デザートが沢山選べるスイーツコレクションにも秋らしさを取り入れても楽しめますね!

秋に結婚式を迎える皆さん、秋を感じられる演出やプレゼントなどでパーティを彩ってみませんか?

秋だからこそのシャインマスカットのケーキも良いですね♪



 

フルーツではないですが、栗を使ったモンブランも良いですね!

幸せの象徴と言われる甘いもの、ウエディングケーキはゲストの皆さんも楽しみにしている演出のひとつです。おふたりのこだわりや想いを取り入れてみませんか?
ウエディング 2021/09/20

口福レシピ

こんにちは。オワゾブルー山形の門脇です。三連休初日は強い雨でしたが、それも私たちにとっては恵の雨にもなります。一夜明け、空が高く澄んだ空気、一気に秋空を感じた三連休でした。七日町では、「ぐるっと廻って七日町」イベント企画で賑わいがみられました。感染症予防のため、秋の商店街イベントでは路面店などは自粛となっておりますが、お持ち帰り商品も以前より増えたり、店内での飲食も安心できる環境の場所も増えてきました。提供する側はもちろんですが、利用する側になったときも気を付ける配慮や対策も必要になりますね。手洗い、うがい、免疫力を下げない等、基本的なことですが改めて意識するようになりました。免疫力を下げないためには、栄養のある食事と睡眠も大事とのこと。こんなときだからこそ、食べる楽しみがより大切なことにに思います。七日町の平日、ランチ時間になると多くの方が街なかに出て賑わいます。朝ごはん食べる派・食べない派、ランチは軽め派・ガッツリ派、手作り派・外食派、ひとりでゆっくり派・仲間とワイワイ派…等々。一言でランチと言っても、その時の状況や背景から様々な時間を迎えていますよね。

体がつくられる一つとして、食事にて摂取した栄養。この栄養は、食べ物本来の栄養素はもちろんですが、食育の観点からすると食べる環境によっても異なるそうです。何を誰とどこで食べるのか。人間は生きている間に、何回の食事をするのでしょう。生きるために食べるというより、食べることで活力となり生きる力になる。ならば、この一食何を食べるか、誰と食べるか、どんな環境で食べるか。とても大事なことに見えてきます。

生まれてから、どんな環境で何を食べさせてもらってきたのか。食卓を囲む家族、出るごはんや味付けもそれぞれ。カレーライスは牛肉・豚肉・鶏肉・ひき肉どのお肉を使うのか、辛口・中辛・甘口によっても違う味、その家庭の味がありますよね。食べることを選択できる年頃になった時、だれと何を食べてきたのか。家の味しか知らなったのに、給食や外食、コンビニご飯などで初めての味に出会う。世の中に美味しい食べ物が溢れていても、懐かしくほっとする味、子供の頃お家で食べていたごはんを食べたくなると言う方も多いですよね。

結婚式の演出で「両家おふくろの味レシピ」を引き継ぐセレモニーや、小さい頃に仕事で忙しくしていた親御様の代わりに迎えにきて面倒をみてくれていたおばあちゃんの漬物の味をファーストバイトやラストバイト演出になったり。

生まれ育った家庭が違えば、食べて育ってきた味も違うはず。結婚を決意し、新しい家庭を築いていくふたり。食卓を囲んできた家族や仲間、地域や環境に感謝したい。そして、ふたりの家庭の味をこれから作っていく始まりとなる、大きな食卓を囲む結婚式で何か表現したい。オワゾブルー山形は、パーティー会場1つ。1組様の結婚式をお料理でも最高に幸せにおもてなししたい想いから、1つのキッチンからつくりテーブルへ運ばれていきます。そのため、フルコースのお料理やオプションのお料理も、シェフとソムリエをはじめとするスタッフとゼロから一緒に考え当日を迎えます。お料理が美味しいは基本、そこからどんな関係のゲストと結婚式で食事を共にするのか。伝えたい想い、カタチにしたい想いを食事を通してもお手伝いできれば幸せに思います。

 

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2021/09/12

和でつながる輪

こんにちは!オワゾブルー山形セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

気温が上がったり下がったり、日によっては上着が必要になってきました。晴れた日に空を見上げると青く澄んだ空に心がほっこりする季節です。そんな秋のはじまりは山形の結婚式シーズン、そして前撮りのシーズンです。青く広い空の下、綺麗な紅葉の中で撮る写真は、とても幻想的なものになります。そんなロケーション。何を着て臨みますか?白無垢、色打掛…和装が特に映える季節です。

ハレの日の結婚式。和装での挙式は少なくなっております。お着物は、昔ながらの日本の結婚式には欠かせない衣装ですが、お着物を着る機会は数えるほどしか残っておりません…。

さて、オワゾブルー山形には和装での挙式のご希望を頂きます。和装の挙式といえば、一般的には神前式ですよね?実は、シビルウエディングでも和装での挙式が可能です!宗教色にとらわれないお式がシビルウエディング。ご衣裳にも決まりはございません。和装でのシビルウエディングは、ドレスでのお式とはまた違った雰囲気で執り行われます。純粋無垢なお姿をあらわす白無垢での挙式。あるいは、親御様から受継がれた振袖を打掛にアレンジした、思い入れのあるご衣裳でのお式…。そのどれもが、厳かであたたかい雰囲気で行われます。そんな空間創りから、スタッフがお手伝いさせていただきます。

もしかすると、親御様にとって結婚式というハレの日のご新婦様の和装の姿は、七五三や成人式、そして卒業式のときに想い描いていたお姿かもしれません。あるいは、和装での挙式がご新婦様の憧れであるかもしれません。そんな憧れを、ご希望を、オワゾブルー山形では叶えることが出来ます。そして結婚式が、ゲストの皆様にとってもお着物を着る機会になれば素敵ですよね。

また、ご衣裳を選ぶ際、特別な1着と出会い、その衣装での挙式を考えていただくかもしれません。おふたりが当日お召しになるご衣装には、様々な想いがあります。そんなご衣裳で大切な方々へ、これからの誓いをたてる。ドレスでのお式とは、違った重みを感じていただけると思います。それは、ゲストの皆様も同じです。神前式は一般的に、ご親族様のみのお式。ご友人様はその誓いの重みをおふたりと一緒に感じていただくことが出来ません。オワゾブルー山形の和装シビルウエディング。ご親族様は勿論、ご友人様をはじめ全てのご参列者様におふたりの大切な誓いを見守っていただくことが出来ます。

これからを誓う挙式の時間。誰に見守っていただきたいですか?おふたりを見守る輪(和)が大きくなる、そんな挙式でありますように。



どんなお式も、おふたりとご家族様、そしておふたりのこれからの門出を見守ってくださるご参列の皆様の大切なお時間を、スタッフ一同大切に創り上げていきます。