OISEAU BLEU YAMAGATA

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2020/12/23

23(ふみ)に想いを込めて

23(ふみ)の日には想いのラブレターを

 

皆様こんにちは、またはこんばんは。オワゾブルー山形会場キャプテンの江川です。

 

12月も終盤、クリスマス前の最終日、今年は今までとは少し違うクリスマスになりそうですが、そんな今だからこそ、繋がりの縁を大事にしていきたい。そう思える今日この頃です

 

さて本日23日は、ふみ(文)の日ということで、皆様に手紙について少しお話をさせて頂ければと思います。

 

今の時代、友達や、親戚、想い人に手紙を書かれるとう人はどれくらいおりますでしょうか。

 

恐らく、今の祖父母、父母世代までは、ある程度日常的に手紙のやり取りをしたことはあるかと思います。

ですが今は、メールや、電話、LINE等のSMSが発達し、時間を置かなくともすぐに意思の疎通が出来る様になりました。

 

昔は手紙のやり取りには時間がかかる為、1か月毎に1回のやり取りをしていた。なんて方もいらっしゃるかと思います。

私自身も小さい頃は、遠くに引っ越した友達と手紙のやり取りをしていましたが、返事が来るまでとても待ち遠しかったのを覚えています。

 

自分なりに考えた、想いの込めた文章。それに対して返してくれる、想いのこもった返信。

手書きである、というだけでどこか暖かさを感じる物でした。

 

 

そもそも日本で手紙や、文全般が世の中に普及したのはいつごろなのでしょうか。

遥か昔、時代はまだ平安と呼ばれていた頃。

当時は今の様な互いに連絡を取り合う便利な携帯電話や、移動手段も無く、

また、今の時代とは別の貴族社会でもありました。

 

その当時の人々が互いに意思疎通や、相手に想いを伝える手段として使用したのが、文(手紙)です

この時代は、世の中にひらがなが流通しだした時代でもありました。

その影響か、女性の中でも日常的に文章(日記等ですね)を書く人が増えると、

互いに手紙でのやり取りをする事が多くなりました。

 

手紙のやり取りの中でも特に現代まで多く残っている物が、恋文です。

 

源氏物語等を代表とする、平安時代の文学には、互いへの想いを和歌にして伝えあうシーンが数多く登場します。

その人なりの想いを自分の言葉にして、大切な想い人へ伝えていたのですね。

 

今現在となっては、滅多に書く機会の無い手紙、文ですが、年賀状を除いて、必ずと言っていいほど

書く時があります。

 

それが、結婚式の新婦手紙のシーンです。

 

お父さん、お母さんへの想い、

 

友への想い

 

親戚への想い

 

職場の皆への想い

 

多くの想いがあるからこそ、

 

ほとんどの方はそれを手紙にしたためてきます。

 

想いのこもった手紙は、聞く者の心に訴えかける熱い想いがあります

 

時には涙させる程に。

 

生涯において、ほぼ1度しかない時だからこそ

伝えられる想い、伝えたい想いがあるはず。

 

そして今の時代、会いたい人に、すぐに会えない、そんな時代だからこそ

 

どうか、貴方の想いを、文にして

 

届けたい想いを、伝えましょう。

ウエディング 2020/12/14

夢を叶える

こんにちは!

山形の結婚式場 オワゾブルー山形ウェディングプランナーの渡部真由子です

 

最近また寒くなってきたと思っていたら、ついに雪が降り始めましたね!私は未だに雪が降るとテンションが上がってしまいます。雪が積もったら今年は何をしようかな?わくわくしています。

さて、みなさん「夢」はありますか?子供のころに見た夢は叶えられていますか?「こんなことがしてみたい」「ここに行ってみたい」これも素敵な夢ですよね。

ちなみに私の夢は・・・結婚式に携わる事。たくさんの笑顔や幸せが集まる場所、キラキラが詰まった場所、感動が溢れる場所である結婚式。その場所を私が創りたい!と夢見てきました。一度は別の目標を目指したこともありましたが、結婚式が大好きで諦められず…。私はオワゾブルー山形に夢を叶えてもらいました。

実はオワゾブルー山形はそんな夢を叶える場所でもあるのです。小さな頃、憧れていた結婚式はありませんか?キラキラのドレスを着て、大きなケーキを準備して。お姫様抱っこをされたい!と言う花嫁様もいらっしゃるかもしれませんね。結婚式だけでなく、ネバーランドに行きたい・お花いっぱいに囲まれたい・遊園地を作りたい・カフェをオープンしたい。そんな夢を持っている方も多いのではないでしょうか。その夢をぜひ、おふたりの結婚式で叶えませんか?その夢をテーマに、一生に一度の結婚式をしませんか?夢を叶えるための演出やコーディネート、アイテムをご提案させていただきます。子供のころ好きだったものを持ち寄って童心に帰るような結婚式。ただのお花だけでなくゲストの手形を集めてその時だけお花畑を作る。バルーンアートをするピエロが登場する。おふたりのこだわりのコーヒーを提供するカフェコーナーを作る…。ぜひ私たちと一緒に夢を叶えましょう!

 

オワゾブルー山形では、おふたりの結婚式が最高の一日となるようお手伝いをさせていただきます。ぜひ一度、足を運んでみて下さい。いつでもお待ちしております。

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2020/12/09

一瞬を写真に

皆様こんにちは。

オワゾブルー山形ウエディングプランナーの小関優杜です。

12月に入り、一層寒くなってまいりましたね。先日みぞれのような雨も降ってきました。雪支度がそろそろ必要ですね。防寒対策、タイヤ交換は準備万端でしょうか。

 

さて、先日担当のお客様に型物のお写真をお渡しする機会がございました。おふたりで一緒にその場でご覧いただいたのですが、すごく良い出来栄えにおふりから驚きと喜びのお声を頂きました。新郎様から「写真って思っている以上に良いですね」とお褒めのお言葉頂きました。

そうなんです。お写真って皆様の大切な想い出をかたどる素敵な1ページになるのです。

 

そもそも写真って本当に必要かな。スマホのカメラで十分かな。

そう思っている方もきっと少なくないかと存じます。確かに、最近のスマートフォンはカメラ性能も上がり、アプリを使えば加工もでき、常に進化をしています。

ただ、結婚式は一生に一度。おふたりにとって、そして親御様やご家族様にとっても、大事な瞬間になります。感動のセレモニーやたった一瞬の演出もプロのカメラマンが最高のお写真をお撮りいたします。それがアルバムや、型物写真といった形に残ります。これもしっかりプロのカメラマンがベストな写真をセレクト致します。そのアルバムが1年後、5年後、10年後におふたりのお子様がお父さん、お母さんのかっこいいお姿とかわいいお姿を見ることもできます。

おふたりの大事な一瞬を形として残して頂くことによって、おふたりが家族として新たなスタートをした証にもなります。もちろんその証が写真だけとは限りませんが、おふたりの表情、姿、気持ち、それもすべて写真として残すことが出来るのはその1日しかございません。

 

オワゾブルー山形では前撮り・挙式・披露宴はもちろん、フォトウエディングでも撮影を承っております。一生に一度の、人生で一番輝いている瞬間をお写真で残してみませんか?