OISEAU BLEU YAMAGATA

ウエディング 2017/06/26

ゆびわの話

こんにちは!

山形の結婚式場 オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの今野美里です。

 

結婚をする、その節目で準備をするもののひとつに「結婚指輪」があります。

挙式のプログラムでの「結婚指輪の交換」も、キリスト教式・神前式・シビル式など、宗教を越えて行われるほど現代の日本でも定着しています。

ドラマや映画でも、「結婚の象徴/結婚式の象徴」としての指輪の交換のシーンもよく見られます。女性の中には、小さい頃から結婚式での指輪の交換に憧れていた、なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 



 

本日はその結婚指輪に関してのお話をさせていただこうと思っています。

 

①結婚指輪の起源

結婚指輪の起源は9世紀まで遡ります。当時のローマ教皇ニコラウス1世が約束を象徴する鉄の指輪を、結婚の誓いの証として使用したことが由来しているといわれています(諸説有)。11世紀頃には「花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を交換している」という記録もあるようです。13世紀頃にはヨーロッパ全体で指輪交換の風習が一般化したようです。

※ちなみに婚約指輪の起源はもっと古く古代ギリシャ時代まで遡るようです。婚約の際に未来の花嫁の父に指輪を贈ったことが起源とされています。

②指輪の意味

古代より指輪は霊力を備え、魔除けの力があると信じられてきました。また幸運をもたらすものとして子供の誕生や結婚式などの人生の節目に身につけられたり、戦場に行く夫の無事を願って妻が贈ったり…というように大切な方を災難から守り、幸せを呼び寄せるものと考えられていたようです。

特に結婚指輪は「永遠の愛」の象徴ともいえます。終わりのない円が、いつまでも続く新郎新婦様の愛を表しています。

③左手薬指の意味

最後に。結婚指輪はなぜ左手薬指にはめるのでしょうか。

古代ギリシャでは「左手薬指には心臓につながる太い血管がある」と信じられており、また心臓には人の心(感情/愛)があるとされていました。そのためふたりの愛が永遠に結びつくように左手薬指に指輪をはめたといわれています。

 



 

前回のベールの話にも共通していえますが、指輪ひとつとっても長い長い歴史があることが分かります。多くの先輩方が(2000年以上も前の先輩も!)大切な人へ贈ってきた指輪とそれに込められた想いを想像すると、壮大すぎて少しくらくらしますが…

新郎新婦のおふたりが、たくさんの方々との出会いを通して巡り合い、迎える結婚式当日には、ほんの少しでも思いを馳せてみるのもいいのではないでしょうか。
ウエディング 2017/06/25

お2人のテーマ

こんばんわ。オワゾブルー山形ウェディングプランナーの江川毅です。

山形は雨が降ったり止んだりのお天気ですが、本日も当館では、新たな1歩を踏み出す

お2人で、幸せの輪が広がっています。

 

本日大切な日、結婚式を迎えられたお2人は結婚式にテーマがありました。

テーマウェディングと呼ばれる物です。

私が前回ご紹介させて頂いたテーマカラーというのもこのテーマにつながっています。

テーマウェディングとはお2人が結婚式で伝えたい想いを、なぜ、結婚式をするのか、という所からお2人の想いを伺っていき、お2人だけのテーマを作りあげていくものです。

100組のお客様がいれば100通りの想いがあります。

つまり、1組1組に込められた、想いとテーマは、お2人によってすべて違います。

だからこそ私達は、まず始めにお2人にお伺いします。

「なぜ、結婚式をあげようとおもいましたか?」

と。

恥ずかしがりながらも答えてくれたり、きっぱりと答えてくれる方もいらっしゃいます。

けじめとして挙げたいから。

親御様へ見せてあげたい。

新婦様へドレスを着せてあげたいから。

ドレスを着たいから。

互いの友人にしっかりと紹介したいから。

お2人の結婚式だからこそ様々な想いがあります。

 



 

 

そして、その想いを、誰に、どんな想いをお伝えしたいのか、

どのようにお伝えしたいのか、カタチにしていく作業を、私達ウェディングプランナーが

お手伝いさせて頂きながらお2人のテーマが出来ていきます。

もちろんテーマにはお2人らしさも含まれます。

互いの紹介、その為に、お2人がどんな性格なのか、今まで何を見て、知って、今に至るのか、お2人らしさは何か、そんなお話を伺いながら、お2人だけのテーマが出来上がって

いきます。

ディズニーが大好きなお2人がゲストへのおもてなし、そして互いの紹介を込めた、

美女と野獣ウェディング。もちろん新郎様、新婦様のブーケ、ブートニアは赤いバラで。

その過程で、ならゲストへのおもてなしにはこんな演出をしましょう。

親御様への感謝の想いは、手紙だけでなく、こんな形にしてカタチででも、お伝えしましょう。

テーマが決まれば、カラーもパーティの内容・演出もよりスムーズにカタチ作られていきます。

どんな想いで結婚式をしたいか、是非、私達にご相談ください。

 



 
ウエディング 2017/06/24

未来まで続く・・・

こんにちは、山形の結婚式場、オワゾブルー山形、ウェディングプランナーの稲田 卓也です。本日は、今年、6月(ジューンブライド)の中でも一番日柄もよく土曜日・大安と言った最高の日でした。そして、この晴天に恵まれた青空の中でのWEDDING、山形市内でもたくさんのカップルの方々がこの日に結婚式を挙げられたのではないでしょうか?本日結婚式を挙げられた方、本当におめでとうございます。さて今回ご紹介させて頂く内容は、オワゾの事ではなく、私ごとになってしまうのですが、本日ご結婚式にお呼ばれされていた方がなんと私が昔ご担当させて頂いた新婦様だったのです。5年前にご結婚式を挙げられた方ですが、私も昔と比べ見た目も大分かわったことと、仕事場もかわったというところで気付いて頂けたことがとても嬉しく、感動したのでした。それは、私がスタッフとしてご案内しているところに新婦様からお声掛けを頂き「稲田さんですよね?お久しぶりです!」と話しかけてきてくれたのでした。しっかり自分の事を覚えていてくれたこと、その後、お2人とも順調で新しい家族にも恵まれママをがんばっているということ、本当に懐かしさと嬉しさで昔の事を思いだしたところでした。昔パレスグランデールでプランナーをしている時でしたので、その方もパレスグランデールにいるとばかり思っていたようです。私がこのオワゾブルーにいるとは思わず、でもしっかり顔を覚えていたということでした。私はこれまで、大学卒業後、この仕事をはじめ11年経ちます。長いようであっという間の11年で何百組の方々の幸せをお手伝いさせて頂きましたが、やはり、この仕事で一番嬉しいことは、自分が担当したお客様とこうやって将来までずっと繋がった存在でいられることです。いろんな職業がありますが、将来までずっとずっと繋がっていられる職業はそこまで多くはないと思います。久しぶりにお会いして笑顔でお話しができる、昔の思い出話ができる、本当最高ですよね。人と話しをすることが好きな私にとってはとても嬉しいことです。これからもたくさんの方々の幸せのお手伝いをさせて頂きますが、ここオワゾブルー山形がそんな方々が気軽に戻ってこられる場所になるために、この七日町で10年20年100年さきまでずっとずっと繋がっていられる幸せの場所になれるようにこれからもスタッフ全員で頑張っていきたいと思います。今回は、私ごとになってしまいましたがまた次回も宜しくお願いします。