OISEAU BLEU YAMAGATA

お知らせ 2017/05/22

オワゾブルー山形のナチュラルな空間

こんにちは。オワゾブルー山形ウェディングプランナーの江川毅です。

ここ数日は山形市内も真夏のような暑さになり、汗が止まらない勢いですね。

ですが結婚式は、むしろ快晴の中花嫁様と花婿様のドレス、タキシードがキラキラと輝く、まさにお日柄の良い日が続いています。

 

本日はそんな暑い日々でもオワゾブルー山形では涼しく感じてしまう、ナチュラルな空間をご紹介いたします。

 

まずはこちら、



 

 

 

ゲストの方々をお迎えする正面のゲート。オワゾブルー山形は建物全体がナチュラルということもありますが、それ以上に緑、自然が多いんです。

正面ゲートの周りには見た目も華やかにそして爽やかさを感じさせる植物がたくさん植えられています。

その種類もたくさんあり、私自身も1つ1つの植物がいつ、どんな花を咲かせてくれるのか非常に楽しみでもあります。

ですのでこちらのゲート前は大切な結婚式の大事な入口であると同時に、非日常への入り口でもあります。

もちろん前撮りや、お写真を撮るにもとっても素敵なスポットですので四季に合わせて様々な色合いのお写真を撮ることができますよ!

 

 

続いてはこちら、



 

 

1階に入ってすぐにあるテラスルームです。

 

こちらでは挙式後のお時間を皆さんで過ごして頂けるお部屋になりますが、

中の装飾も壁紙から床、調度品に至るまでがナチュラルテイストの物が多くあります。

だからこそまるで自然の中にいる様な安心感、ゲスト自身もナチュラルに過ごして頂けます。

大切な結婚式だからこそ、誰もが緊張することなく、ゆったりと普段通り過ごすことができる様にと作られています。

他にもこのフロアではウェルカムドリンクや、ここでしかお撮りすることのできないフォトブースを使って、大切な思い出を、自然体で、ゆったりとしたお姿で残して頂けます。

本物の自然だけではなく、自然な造りも意識してあるからこそ、お2人だけではなく、すべてのゲストの方々が、自然な笑顔でお過ごし頂けるのが当館のおすすめポイントです。

 

オワゾブルー山形の魅力を少しでも知って頂けたら幸いです!
ウエディング 2017/05/20

二人の船出をシャンパンサーベラージュで祝福

こんばんは。

オワゾブルー山形のマネージャー兼ソムリエの星野信行です。

本日も一組のカップルをシャンパンサーベラージュで祝福させていただきました。

皆さん、シャンパンサーベラージュと言う演出を御存じでしょうか?ここでシャンパンサーベラージュについてお話いたします。

シャンパンサーベラージュとは、その昔フランスの海軍が航海の船出を祝し海に向かいシャンパンの栓を腰にさしてあるサーベルで海に向かい勢いよく抜栓したのが始まりと言われております。

結婚式も『人生の船出』と表現いたします。お二人の新たな人生のスタートをソムリエがシャンパンサーベラージュで演出し祝福いたします。

また、サーベラージュで使用しますシャンパンについても少しふれてみたいと思います。

シャンパンとは、言わずと知れたシャンパーニュ地方の特定の地域、特定のブドウ品種を使ったシャンパーニュ製法による発泡性ワインのみが『シャンパン』と呼ぶことが出来るのです。

シャンパーニュ以外で造られた発泡性のワインは『シャンパン』とは呼べませんのでご注意を!フランスと言えどもシャンパーニュ以外は『シャンパン』とは言えませんよ。それ以外の発泡性ワインは、総称して『スパークリングワイン』と呼ばれます。

シャンパンは二種類以上のブドウ品種をブレンドし製造されることが多いです。。

シャンパーニュ製法と呼ばれる伝統的な製法で造られ、品種の違うぶどう同士がお互いに足りないところを補いながら熟成したシャンパンへと成長します。

お互いのぶどうの風味(個性)が時にはぶつかり、時を経る事で角がとれてきて丸くなり熟成していきます。

夫婦生活もシャンパンと同じことが言えるかもしれませんね。

例えるなら樽や瓶は『家』ブドウは『新郎新婦お二人』でしょうか。

違う人生を歩んできた二人が、同じひとつ屋根の下で暮らしお互いの足りないところをフローしあい、時にはぶつかることも有るかもしれませんが、同じ時を一緒に重ねることでお互いが丸くなり素敵な夫婦へとなる事でしょう。

これからの二人の人生が『幸せでありますように』と願いを込め、お二人の人生のスタートを出席された皆様と一緒にシャンパンサーベラージュで花を添えます。

皆様、オワゾブルーへお越しの際はお気軽にお声掛けください。

マネージャーとしてソムリエとしても全力でお手伝いさせていただきます!
未分類 2017/05/19

シェフの部屋

こんばんは。

オワゾブルー山形のシェフを務めております、横山恵一です。

オワゾブルーでは3つのコンセプトを元に料理を提案しております。

一つ目は地産地消です。

山形にはすばらしい食材がたくさんある事は皆様もご存じかと思います。そのすばらしい食材をお客様に召し上がっていただきたいと考え料理に春夏秋冬を感じられるような四季のコース料理をつくってまいります。

二つ目はフュージョン料理です。

本来であれば、このオワゾブルーは西洋風の建物ですのでフランス料理となりますが幅広い世代のお客様に喜んでいただけるよう、日本料理の和のテイストを加えフレンチと日本料理の融合を作り上げようという試みをしております。

三つ目は栄養素です。

食材の食べ合わせと相乗効果を栄養素の視点から考えました。フレンチと聞きますと、どうしても生クリームやバター、砂糖など食べやすく、なおかつ身体に良い食べ合わせをメニューに取り入れようと考えております。

 

すべてにおいてマリアージュとし、フランス食材と山形食材 フランス料理と日本料理 食べ合わせと栄養素

3つのマリアージュをコンセプトとし実現していきたいと思います。

 

最後に私たち料理人は、お客様から「美味しかった」とその一言がほしくて仕事をしております。

このオワゾブルーを通じたくさんの人達から喜んで頂けるよう努力してまいりたいと思います。

 

また新しい情報を発信していきたいと思います。