OISEAU BLEU YAMAGATA

カフェ TREE 2022/05/06

カフェTREEからのお知らせ

皆様こんにちは。オワゾブルー山形 ゲストサービスの山口優です。

皆様GWはいかがお過ごしでしたか?楽しい連休をお過ごしいただけたでしょうか?

さて、今回は5月のメニューをご紹介いたします!



先月より新メニューが3つ仲間入りしております!

牛しぐれ丼、魚介ピラフと海老フライ、ハッシュドポーク。先月1番人気は魚介ピラフと海老フライでした!

サクサクのエビフライと具だくさんで食べごたえ抜群の魚介ピラフ、そしてカフェツリー自家製のタルタルソース!何度でも食べたくなる一品です!

また5月は母の日ということで母の日バージョンのデザートプレートをご提供させていただきます!



こちらはOPENからCLOSEまでお楽しみいただけるプレートでございます。

お母様とご一緒のご来店おまちしております!

 

オワゾブルー  カフェTREEのゆったりとした空間でランチやデザートをお召し上がりいただけ、プラス250円でお食事とセットのドリンクもご注文いただけます。

また、引き続きテイクアウトのご予約もお待ちしております!

ご結婚式をお考えのお客様には平日限定でごはんBOX付き相談会も行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。皆様のご来店を心よりお待ちしております!

 

《予約受付》9:30~18:00(当日L.O. 17:30)

《受け取り、販売》11:00~18:00(L.O.17:30)

《イートイン》11:00~18:00(L.O.17:30)

《定休日》毎週火・水曜日
ウエディング 2022/05/04

フォトウエディング



こんにちは。オワゾブルー山形の門脇智子です。

春の日差しから初夏を感じさせるような日も増え、オワゾブルーの木々も鮮やかな緑になってきましたね。

今日は、素敵なフォトウエディングのご紹介をいたします。



いつも当たり前のように近くに在るけれど
目には見えなくて在ることを忘れてしまいそうになるもの
でもそれは 人生で生まれて初めてもらった 一生もののプレゼント

「こんな人に育ってほしい」
「故郷をいつでも思い出せるように」
「お父さんやお母さんの想いを受け継いでくれるように」

いろんな願いを込めて つけてもらった 心の拠り所

ふと立ち止まって その由来を考えたら
遠くにいても 家族がつながっていることを 改めて感じられる

目に見えないものほど 大切なこと
ずっと忘れずに みんながつながっていられるように

今日こうして
当たり前のように 家族でいられることに 感謝を

何十年 何百年先も
幸せをつないでいくことの決意を

ウエディングテーマ「つなぐ つながる」




仲の良いご兄妹夫婦でおこなった2組合同のフォトウエディング。
ヒアリングの際はお子様たちのお名前に込められた意味をお聞きしました。
ふたつの家族、離れ離れでくらしていても、みんな名前でつながっていること、今あるあたたかな家族・親戚同士のつながりを、
お子様たちが大人になってもずっと繋げていってほしい、という想いでこのテーマをご提案いたしました。
そして【つながり】を写真で目に見える形に残したく、ご家族の写真でフォトフレームを作製していただき、紅色のリボンでリアル家系図を表現。
パパとママ、そのまたパパとママ、パパやママの兄妹も・・・みんながいるから今の自分がいること。
離れた場所にいても、お父さん、お母さんがつけてくれた名前の漢字や、心がつながっています。
家族を越えて、いとこ同士も、大人になってもあたたかな絆でつながっていますように。

ウエディングコンシェルジュ 浅沼 裕子
これから結婚式を挙げる方へ 結婚式にまつわるエピソード 2022/04/27

おもいを綴る

こんにちは!オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

春。桜のシーズンが訪れ、だんだんと葉桜になってきている様な今日この頃。家でも「あそこの桜きれいに咲いていたよ」と季節の話をすることが増えてきました。皆さんはお家でどんなお話をされるでしょうか?今日の出来事や、今思っていること。それは声に出して伝えていますか?文章で綴って伝えていますか?

さて、はなれている相手に想いを伝える手段。電話が無い時代には手紙が主流でした。相手を想って筆を走らせる時間はとても素敵ですよね。私も、携帯電話を持たなかった小中学生の頃は、友人と手紙の交換、所謂文通をしていました。面と向かって言えなかった言葉も、なぜか文字にしてみると素直に書き進められることもあります。コミュニケーション手段が様々ある時代だからこそ、言えなかったことを伝える機会は大切ではないでしょうか。そんなお手紙は結婚式でも、今までの想いとこれからの決意を表す手段として用いられることが多いです。

例えば親御様への感謝のシーン。__新婦手紙。お嫁に行くご新婦様から今まで守ってくださった家族への感謝の手紙。ずっと伝えたかったこと、いつも思っていた想い。言葉で直接伝えるには難しい言葉でも、手紙として一度文字にすると不思議と素直に伝えることができます。言葉を綴る時間に苦労されたという花嫁様がほとんどですが、その表情はどの花嫁様もとても穏やかでした。

そして挙式では、おめでとうという気持ちを誰よりも伝えたい__親御様からおふたりへの祝辞。おふたりへの祝福の言葉を伝えられる唯一の時間。おふたりのことを一番近くで見守り、一番祝福している親御様から、当日おふたりへの想いを伝えていただくことができます。手紙におふたりへの言葉を綴って、プレゼントしていただくこともありました。力強いおめでとう。これからも幸せで。どの言葉もおふたりにとって特別な宝物になると思います。

披露宴の終盤、見守ってくれた、祝福してくれたゲストの皆様への感謝__新郎挨拶。このシーンでも手紙を用いることがあります。参列いただいた方に向けての感謝と決意を述べるシーン。大切な挨拶だからこそ、伝えたいことを漏らさぬよう予め綴った手紙を読み上げる。そして綴られた文章の中には、これから時間を共に過ごすご新婦様への想いが。そんな素敵な時間は、手紙があるからこそ創り上げることができると思います。

普段過ごしている中で、伝えられない想いはありませんか?大切な想いを伝えられる時間。特別な日だからこそ、そんな時間を一緒に創りませんか?