OISEAU BLEU YAMAGATA

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 料理 結婚式にまつわるエピソード 2020/11/06

キャンドルに想いを載せて

こんにちは オワゾブルー山形 会場キャプテンの江川です。

 

いよいよ秋本番、それとも冬の始まりを感じさせるものでしょうか、朝と夜の寒さが身に染みるようになって参りました。

今年のクリスマスはホワイトクリスマスになるのか、楽しみな様で、寒さが心配になったりもします。

 

そんな寒い日には、暖かさが恋しくなりますよね。

鍋を囲んでの暖かさであったり、人の暖かさであったり、寒いからこそ、人の暖かみに触れることの嬉しさは何倍にも感じられます。

では、それが目に見える形ではどうでしょうか。

私にとってその1つは火の光です。

 

結婚式では、様々な場面でキャンドルの灯りを目にします。

会場のゲストテーブルの上に、キャンドルリレーをする時に、はたまたキャンドルリレーをする中で1人1人がその光の暖かさを間近で感じる機会もあるかもしれません。

 

ここで皆さんに質問です。

人工的な電気の光と、キャンドルや、太陽の光の様な自然的な光、どちらがお好きでしょうか。

私は自然的な光と即答します。

たしかに、機械等で発する人工的な光は、暗い中でも照らしてくれますし、いつでも使え、明るさの変更も自由自在です。これほど便利な物はありません。

 

ですが、自然的な暖かさと比べた時、心が動かされる様な暖かみは、自然的な光ではないかと思います。

 

結婚式の中でも、だからこそキャンドルを使った演出をされる方は多いのではないかと思います。

 

各テーブルのゲストの元へ、感謝の御礼の気持ちを込めて回ったり、

皆で、1人1人がキャンドルを持ち、2人からの光を分けていく様に、火をリレーしたり、キャンドルの光はとても幻想的で、とても暖かいです。

だからこそ、キャンドルを使った演出をしたい方がいらっしゃるのではないかと思います。



何より、会場内の人工的な光がほとんどない中で、会場内を照らすキャンドルの光の光景には、ただ綺麗なだけではなく、そこに2人と、ゲストの想いが映っているかの様に感じられます。

「今まで本当にありがとう、これからも私達のことを支えてください。」

 

「今日は本当におめでとう、幸せな家庭を築いてね。」

 

そんな想いのこもった光には、やはり、人工的な光では生み出せない光景があります。

 

皆さんはどんな想いを込めたいですが?大切な想いを、キャンドルに込めてみましょう。

 

勿論、キャンドル以外にも沢山の想いの伝え方、表現の仕方があります。

 

悩んだ時は、まずはお越しください、お電話でも大丈夫です。

私達がチームで、お2人の結婚式作りをお手伝い致します。

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 結婚式にまつわるエピソード 2020/10/25

和でつながる輪

こんにちは!オワゾブルー山形セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

気温が下がり、上着が必要になってきました。晴れた日に空を見上げると青く澄んだ空に心がほっこりする季節です。そんな秋は山形の結婚式シーズン、そして前撮りのシーズンです。青く広い空の下、綺麗な紅葉の中で撮る写真は、とても幻想的なものになります。そんなロケーション。何を着て臨みますか?白無垢、色打掛…和装が特に映える季節です。

ハレの日の結婚式。和装での挙式は少なくなっております。お着物は、昔ながらの日本の結婚式には欠かせない衣装ですが、お着物を着る機会は数えるほどしか残っておりません…。

 

さて、オワゾブルー山形には和装での挙式のご希望を頂きます。和装の挙式といえば、一般的には神前式ですよね?実は、シビルウエディングでも和装での挙式が可能です!宗教色にとらわれないお式がシビルウエディング。ご衣裳にも決まりはございません!和装でのシビルウエディングは、ドレスでのお式とはまた違った雰囲気で執り行われます。純粋無垢なお姿をあらわす白無垢での挙式。あるいは、親御様から受継がれた振袖を打掛にアレンジした、思い入れのあるご衣裳でのお式…。そのどれもが、厳かであたたかい雰囲気で行われます。そんな空間創りから、スタッフがお手伝いさせていただきます。

もしかすると、親御様にとって結婚式というハレの日のご新婦様の和装の姿は、七五三や成人式、そして卒業式のときに想い描いていたお姿かもしれません。あるいは、和装での挙式がご新婦様の憧れであるかもしれません。そんな憧れを、ご希望を、オワゾブルー山形では叶えることが出来ます。そして結婚式が、ゲストの皆様にとってもお着物を着る機会になれば素敵ですよね。

また、ご衣裳を選ぶ際、特別な1着と出会い、その衣装での挙式を考えていただくかもしれません。おふたりが当日お召しになるご衣装には、様々な想いがあります。そんなご衣裳で大切な方々へ、これからの誓いをたてる。ドレスでのお式とは、違った重みを感じていただけると思います。それは、ゲストの皆様も同じです。神前式は一般的に、ご親族様のみのお式。ご友人様はその誓いの重みをおふたりと一緒に感じていただくことが出来ません。オワゾブルー山形の和装シビルウエディング。ご親族様は勿論、ご友人様をはじめ全てのご参列者様におふたりの大切な誓いを見守っていただくことが出来ます。

 

これからを誓う挙式の時間。誰に見守っていただきたいですか?おふたりを見守る輪(和)が大きくなる、そんな挙式でありますように。



どんなお式も、おふたりとご家族様、そしておふたりのこれからの門出を見守ってくださるご参列の皆様の大切なお時間を、スタッフ一同大切に創り上げていきます。
これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 結婚式にまつわるエピソード 2020/10/16

夢の舞台

こんにちは。

オワゾブルー山形会場キャプテンの江川です

 

あんなにも暑かった夏も、10月と共に消え去り、今度は肌寒さを感じる秋がやってきました。

去年よりも寒さを感じるのは私だけではないはず、

お体を労り、暖かい恰好でお過ごしくださいませ。

 

さて、秋と言えば〇〇の秋、という言葉がよく聞かれますが、皆様はどんな秋を連想されるでしょうか。

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、個人的には登山の秋と声高らかに宣言したい所です。

 

特にここ山形では、四季折々の自然と、沢山の食べ物が私達をもてなしてくれます。

県外からゲストが来る度に、「山形ってこんなに美味しい食べ物があったんだ!!」

と、喜んで頂いております。

 

以外と、私達が知らない、当たり前になって気付けていない山形の魅力というのは

まだ沢山あるのかもしれませんね。

 

それは結婚式においても一緒です。

 

新郎様から見た、新婦様の良い所。

 

新婦様から見た、新郎様の良い所。

 

2人の時間を共に過ごしてきたからこそ、互いの良い所を知っているし、

互いを許しあうこともできると思います。

 

結婚式は、そんなお互いを自身の友人や、家族、今までの人生で繋がりのあった方に紹介をする時間でもあります。

 

呼ばれた側のゲストは、自身のホストの事しか知らないことがほとんどです。

だからこそ、結婚式という大切な時間の中で、結婚する事になった新郎、新婦はこんなに魅力を持った人なんだ、自分があってない間にこんな人生を歩んできたんだ。

 

ということを知ってもらう、というのも非常に大事なことです。

それ故に、私達はその結婚式のあっという間な時間を、心から全力で楽しんで頂きたいと思っています。

 

その為に出来ることは何でもチャレンジし、全力で取り組んで行きます。

2人にとってできるかな、大丈夫かな、そう思ったことは、何でもご相談ください。

 

お2人の夢の舞台、私達が全力で作らせて頂きます。