OISEAU BLEU YAMAGATA

これから結婚式を挙げる方へ 結婚式にまつわるエピソード 2021/09/26

想いを綴る

こんにちは!オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

だんだんと夏から秋へと季節がすすんで、外の景色も変化してきました。肌に感じる風も少しずつ涼しくなってきたと感じています。家でも「今日は涼しいね」と気温の話をすることが増えてきました。皆さんはお家でどんなお話をされるでしょうか?今日の出来事や、今思っていること。それは声に出して伝えていますか?文章で綴って伝えていますか?

さて、相手に想いを伝える手段。電話が無い時代には手紙が主流でした。相手を想って筆を走らせる時間はとても素敵ですよね。私も、携帯電話を持たなかった小中学生の頃は、友人と手紙の交換、所謂文通をしていました。面と向かって言えなかった言葉も、なぜか文字にしてみると素直に書き進められることもあります。コミュニケーション手段が様々ある時代だからこそ、言えなかったことを伝える機会は大切ではないでしょうか。そんなお手紙は結婚式でも、今までの想いとこれからの決意を表す手段として用いられることが多いです。

例えば親御様への感謝のシーン・__新婦手紙。お嫁に行くご新婦様から今まで守ってくださった家族への感謝の手紙。ずっと伝えたかったこと、いつも思っていた想い。言葉で直接伝えるには難しい言葉でも、手紙として一度文字にすると不思議と素直に伝えることができます。言葉を綴る時間に苦労されたという花嫁様がほとんどですが、その表情はどの花嫁様もとても穏やかでした。

そして挙式では、おめでとうという気持ちを誰よりも伝えたい__親御様からおふたりへの祝辞。おふたりへの祝福の言葉を伝えられる唯一の時間。おふたりのことを一番近くで見守り、一番祝福している親御様から、当日おふたりへの想いを伝えていただくことができます。手紙におふたりへの言葉を綴って、プレゼントしていただくこともありました。力強いおめでとう。これからも幸せで。どの言葉もおふたりにとって特別な宝物になると思います。

披露宴の終盤、見守ってくれた、祝福してくれたゲストの皆様への感謝__新郎挨拶。このシーンでも手紙を用いることがあります。参列いただいた方に向けての感謝と決意を述べるシーン。大切な挨拶だからこそ、伝えたいことを漏らさぬよう予め綴った手紙を読み上げる。そして綴られた文章の中には、これから時間を共に過ごすご新婦様への想いが。そんな素敵な時間は、手紙があるからこそ創り上げることができると思います。

普段過ごしている中で、伝えられない想いはありませんか?大切な想いを伝えられる時間。特別な日だからこそ、そんな時間を一緒に創りませんか?

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2021/09/12

和でつながる輪

こんにちは!オワゾブルー山形セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

気温が上がったり下がったり、日によっては上着が必要になってきました。晴れた日に空を見上げると青く澄んだ空に心がほっこりする季節です。そんな秋のはじまりは山形の結婚式シーズン、そして前撮りのシーズンです。青く広い空の下、綺麗な紅葉の中で撮る写真は、とても幻想的なものになります。そんなロケーション。何を着て臨みますか?白無垢、色打掛…和装が特に映える季節です。

ハレの日の結婚式。和装での挙式は少なくなっております。お着物は、昔ながらの日本の結婚式には欠かせない衣装ですが、お着物を着る機会は数えるほどしか残っておりません…。

さて、オワゾブルー山形には和装での挙式のご希望を頂きます。和装の挙式といえば、一般的には神前式ですよね?実は、シビルウエディングでも和装での挙式が可能です!宗教色にとらわれないお式がシビルウエディング。ご衣裳にも決まりはございません。和装でのシビルウエディングは、ドレスでのお式とはまた違った雰囲気で執り行われます。純粋無垢なお姿をあらわす白無垢での挙式。あるいは、親御様から受継がれた振袖を打掛にアレンジした、思い入れのあるご衣裳でのお式…。そのどれもが、厳かであたたかい雰囲気で行われます。そんな空間創りから、スタッフがお手伝いさせていただきます。

もしかすると、親御様にとって結婚式というハレの日のご新婦様の和装の姿は、七五三や成人式、そして卒業式のときに想い描いていたお姿かもしれません。あるいは、和装での挙式がご新婦様の憧れであるかもしれません。そんな憧れを、ご希望を、オワゾブルー山形では叶えることが出来ます。そして結婚式が、ゲストの皆様にとってもお着物を着る機会になれば素敵ですよね。

また、ご衣裳を選ぶ際、特別な1着と出会い、その衣装での挙式を考えていただくかもしれません。おふたりが当日お召しになるご衣装には、様々な想いがあります。そんなご衣裳で大切な方々へ、これからの誓いをたてる。ドレスでのお式とは、違った重みを感じていただけると思います。それは、ゲストの皆様も同じです。神前式は一般的に、ご親族様のみのお式。ご友人様はその誓いの重みをおふたりと一緒に感じていただくことが出来ません。オワゾブルー山形の和装シビルウエディング。ご親族様は勿論、ご友人様をはじめ全てのご参列者様におふたりの大切な誓いを見守っていただくことが出来ます。

これからを誓う挙式の時間。誰に見守っていただきたいですか?おふたりを見守る輪(和)が大きくなる、そんな挙式でありますように。



どんなお式も、おふたりとご家族様、そしておふたりのこれからの門出を見守ってくださるご参列の皆様の大切なお時間を、スタッフ一同大切に創り上げていきます。
これから結婚式を挙げる方へ 2021/08/27

太陽のような明るい笑顔のひと

こんにちは!山形の結婚式場 オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

日差しが強くなり晴天の日が増えた一方で、昨日と本日は急な雨が降ることもあり安定しない天気が続いております。真夏日がまだまだ続くようです…!体調に気を付けてお過ごしください!

さて、今月はハッピーサンシャインの日があるそうです!8月30日。ハッピー(8)サンシャイン(30)の語呂合わせということです。「太陽のような明るい笑顔の人のための日」という意味でした。太陽のような明るい笑顔…。皆様には思い浮かぶ方はいらっしゃいますか?私は、太陽のような笑顔と聞いて、オワゾブルー山形にいらっしゃる皆様を思い浮かべました。

まだまだ、感染症の影響でマスクが手放せない現状の中、表情が見えない状況が続きます。マスク生活にも、もうずいぶん慣れてしまいました。マスクで隠れる部分は顔の半分以上…。表情でのコミュニケーションを目だけで行わなければなりません。マスクを着用しながらお客様とお話をしてみると、口元が見える安心感がどれほど大きいかを実感しました。自分では笑っているつもりでも、それが以前より相手に伝わりにくいのです。目で伝える、笑う難しさを実感しております。

さて、結婚式ではどうでしょう?やはり、マスクを着用してのご来館、ご協力をお願いしております。ただ、お2人にとって特別な日。ご両家様にとっておめでたい日。ゲストの皆様にとって喜ばしい日に、表情で感情が伝えられない…。

私たちは、ご来館される方皆様に笑顔で結婚式に臨んで頂けるように、様々なアイテムをご用意しております。マスクをしながら食事や会話のレクチャー、お酒注ぎ等はスタッフが特別な形で代行。他にもたくさんの事をオワゾブルー山形スタッフより、ご提案させて頂きます!

感染症だから、ではなく「今だからできる」結婚式です。



不安なこと、悩んでいることがある皆様、オワゾブルーのスタッフに是非ご相談ください。最高の1日を一緒に創り上げていきましょう!

オワゾブルー山形にお越し頂いた全ての方が、「太陽のような明るい笑顔のひと」でありますように。オワゾブルー山形スタッフ一同、心を込めてお手伝いさせていただきます。