OISEAU BLEU YAMAGATA

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2021/06/20

伝える日

こんにちは!

山形の結婚式場 オワゾブルー山形 ウェディングプランナーの渡部真由子です。

6月に入り、雨が多くなりました。ジメジメとした日が続いておりますが、雨にも負けず!元気に過ごしていきたいですね。

そんな今日、6/20は父の日です。大切なお父様へ感謝を伝える日ですね。毎年6月の第三日曜日が父の日ですが、なぜ父の日が出来たのか・なぜ第三日曜日なのかご存知ですか?気になったので少し調べてみました。

アメリカで生まれた父の日ですが、遡れば1909年に動きがあったようです。ワシントン州のソナラ・ドッドという女性が「母の日があるなら、父の日もあるべきだ」と考えました。男手一つでソナラと5人の兄を育てた父親を敬愛していたからです。そして、父親が6月生まれだったことから、ソナラは教会の牧師に頼み6月に「父の日」を祝う礼拝をしてもらいました。それが1909年6月の第三日曜日だったのだそう。この出来事をきっかけに「父の日」が広まり、1972年に国民の祝日として定められたのだそうです。

「父の日」はソナラの愛が生んだ心温まる日。中々言葉にして伝える機会は少ないですから、父の日をきっかけに感謝の気持ちと、幸福と喜びという意味を持つ黄色のお花をお父様へ届けたいですね。

父の日は私達から感謝を伝える日。結婚式も親御様への感謝を伝える日です。ですが、オワゾブルーの結婚式はそれだけではありません。「親御様のお気持ちをおふたりへ伝える日」でもあります。オワゾブルーの結婚式では、親御様からおふたりへのお祝いの気持ちを伝えるシーンがございます。だって、おふたりの結婚を一番に喜んでくださっているのは親御様のはずですから。より深く心に残る、特別な時間になりますよ。

気になった方はぜひ、オワゾブルーへお越しください。ご参列者全員の気持ちが伝わる結婚式を一緒に創りませんか?私たちはいつでもお待ちしております。

これから結婚式を挙げる方へ 2021/06/09

祝福のじかん

こんにちは!山形の結婚式場 オワゾブルー山形 セレモニーアテンダーの吉田朝香です。

日によって崩れていた天気が落ち着き、青空の日が増えてきましたね。気温も上がり日差しがまぶしく、たまに吹く風が心地よい季節になりました。ジューンブライドという言葉の通り、結婚式シーズンの6月がやってきました。

 

結婚式。挙式+披露宴という形が今も主流です。挙式は、おふたりがふうふとしての歩むことを神様やご参列いただいた方に誓う時間。披露宴は、ふうふとして誓いあったおふたりが、今までの感謝・これからの決意・これから一緒に歩む相手の紹介の時間です。他にもふうふとしての誓いを主に写真で残すフォトウエディング等、今結婚式の形はさまざま変化してきています。そんな結婚式の中で、おふたりが初めてご参列いただいた皆様から祝福の言葉をもらうのはいつだと思いますか?披露宴の中で過ごす時、お見送りの際に挨拶をする時、披露宴後それぞれで過ごす時…。実は一番最初に皆様から祝福の言葉をいただけるのは、アフターセレモニーです。

アフターセレモニーとは、挙式が終わった後の披露宴までの時間に行われるセレモニーのことです。おふたりは緊張の挙式を終えた、少し開放的な時間。ご参列いただいた方は挙式の感動と披露宴への期待で満ちている時間。お互いに笑顔の増える時間です。一番多く行われているのはフラワーシャワーです。色とりどりの花びらに祝福を乗せておふたりに言葉を掛ける。オワゾブルーでも一番多く選ばれているアフターセレモニーです。では、他にはどんなことができると思いますか?オワゾブルーで行われた祝福の時間を少しご紹介致します。

●フラワーシャワー:花びらと共におふたりを祝福します。白ドレス・タキシードのおふたりには一番映える演出です。

●リーフシャワー:オワゾブルーのシンボルツリーでもあるオリーブのシャワー。幸せを運ぶ木という謂れもあるオリーブの葉でおふたりを祝福できます。

●リボンシャワー:ご参列いただいた皆様との縁を結ぶリボン。これからもこの縁が続くように願いを込めます。

●バルーンリリース:おふたりの幸せが天まで届きますように、という願いを込めて。青空に色あざやかなバルーンが綺麗な演出です。

●リボンワンズ:鈴のついたリボンを振って祝福を。鈴の音は神様を呼ぶといわれています。

 

他にもオワゾブルーではおふたりとご参列いただいた方との時間創りを行っています。おふたりと皆様との祝福の時間もたいせつに創り上げていきませんか?また、おふたりへスタッフと一緒にサプライズを仕掛けることも素敵ですよね。結婚式における祝福の時間創りを、スタッフ一同心より楽しみにしております。

これから結婚式を挙げる方へ ウエディング 2021/05/26

想いをカタチに

皆さんこんにちは、オワゾブルー山形の江川です。

新緑が生い茂る季節となり、春から、夏へ、

少しずつ季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

 

5月も後半、6月まではあと少しといったところですが、皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

 

ここ山形では自然溢れる景観が数多くあることから、四季折々をはっきりと感じることのできる県の1つとも言われております。

 

春から和やかな夏に、余り暑くなり過ぎない様になることを祈るばかりです。

 

今日皆様にご紹介しますのは、そんな夏前だからこそ外で行う事の出来る演出を、

少しだけ、ご紹介していきたいと思います。

 

キンキンに冷えたレモンサワーで乾杯も!屋外での皆で乾杯ドリンクコーナー

 

まず始めにご紹介するのは、会場オリヴィエから繋がるガーデンを使った演出です。

オリヴィエのガーデンでは毎年様々な演出が行われますが、その内の一つとして、ガーデンにキンキンに冷やしたドリンクをご用意して、皆で乾杯をする。という演出がございます。

レモンサワーがお好きな新郎新婦様なら、事前に輪切りにしたレモンを凍らせておいて、

キンキンのレモンサワーで乾杯したり。

ビールがお好きなお2人なら生ビールをご用意して皆でキンキンの生ビール乾杯をしたり。

世界のビールがお好きなら世界のビールを瓶でご用意して皆で乾杯したり、

会場の中でとはまた一味違った乾杯を楽しむことができますよ。

 



続いては会場前、ゲートを使った演出。

バルーンリリース

街なかにある挙式場だからこそ、街中に幸せに広がっていくように。そんな想いも込められている当館の挙式ですが、式後のアフターセレモニーではバルーンリリースがとても綺麗に映えます。

1人に付き1つずつバルーンを持って頂き、せーの!の合図でバルーンを大空へ。

バルーンが青空へ飛び去っていく様は、式後のアフターセレモニーにぴったりな演出の1つでもあります。



 

如何でしたか?今日は2つだけですか、また沢山の演出をご紹介して参りますので、これからの結婚式を挙げる方は、是非参考にしてみてください。

 

お2人の大切な1日が最高の1日となる様に。

私共が最高のお手伝いを致します。